LCCと飛行機

大きな飛行機事故が続くと、注目されてくるのが、飛行機の安全性の問題です。
鉄の塊が空を飛ぶこと自体が不自然だとか、やはり飛行機は危険なのだといった意見が出てくるのも、この瞬間でしょう。
特に安価で利用することができるLCCは、安全なのかどうなのか、注目されることも多くなりました。

飛行機の安全性は、驚くほど厳しい管理の下で考えられています。
事故が起きると、どうしても被害が大きくなってしまうため、安全性が論じられることになるのです。
一般的には、飛行機は最も安全な乗り物だといわれています。
事故の確率を考えた場合、無数に飛んでいる飛行機の事故は、限りなく低くいのです。
アメリカの航空機専門家の分析では、毎日乗っていたとしても、事故に遭ってしまう可能性は400年に1度あるかないかであると結果が出ました。
これはすでに、ゼロにも近い可能性であるといってもいいでしょう。

違う見方をすれば、アメリカで起きる自動車事故による死亡者の数は、飛行機の初飛行より航空機事故でなくなってしまった人の数よりも多いのです。
それだけアメリカが自動車社会で、交通事故が多いということもありますが、この比較を考えれば、安全性は高いということがわかるでしょう.ただし、日本人の発想から考えれば、なぜ安全だといえるのか、統計ではなく努力的な部分が見えなければ信じることができないものです。
LCCを含めて、なぜ飛行機が安全なのか、その意味を考えてみてはいかがでしょうか。